大島漬物研究所 大島守栄の風キムチ

ホーム

ご挨拶

大島漬物研究所代表 大島守栄 大島漬物研究所代表の大島守栄です。 「風キムチ」は、特許を取得いたしました塩漬けしない冷風乾燥製法によりお作りしております。 そのため、旨みが増して低塩です。 また、保存料・着色料は一切使用しておらず、一つ一つ手作りしておりますので、 小さいお子様からお年寄りの方まで安心してお食べいただけます。 どうぞ、一度ご賞味ください。お待ちしております!

お取り寄せ

ショッピングモール「ウィルモール」にてお取り寄せを承っております。

風キムチのご紹介


大島漬物研究所 白菜の風キムチ 大島漬物研究所 大根の風キムチ
大島守栄の風キムチ(白菜) 大島守栄の風キムチ(大根)
賞味期間:2週間程度
(10℃以下 要冷蔵)
賞味期間:2週間程度
(10℃以下 要冷蔵)
原材料名:白菜(国産)、ニラ(国産)、昆布(国産)、漬け原材料 〔唐辛子、砂糖、食塩、ニンニク、米、リンゴ果汁、リンゴ酢、イカ塩辛、アミ塩辛、魚醤、蜂蜜、イリコ、昆布茶、調味料(アミノ酸等)、(原料の一部に乳、えび、いか、大豆、りんご、ゼラチンを含む)〕 原材料名:大根(国産)、漬け原材料〔唐辛子、砂糖、食塩、ニンニク、リンゴ果汁、米、リンゴ酢、蜂蜜、アミ塩辛、魚醤、イリコ、イカ塩辛、(原料の一部に乳、えび、いか、大豆、りんご、ゼラチンを含む)〕

「風キムチ」とは

「風キムチ」とは、大島漬物研究所が発明した冷風乾燥製法によりお作りしたキムチのことを指します。 野菜に低温の乾燥空気をあて、適度な水分率に乾燥すると、濃縮効果・熟成効果により、 糖度・アミノ酸等の旨み成分が増し(下記表参照)、格段に美味しい干し野菜となります。 この干し野菜から作られた風キムチは、従来の塩漬け製法では作りえない極上の美味しさです。

表 白菜100g中の旨み成分の定量
生白菜 冷風乾燥白菜
水分 95.9g 93.8g
フルクトース(果糖) 0.56g 1.10g
グルコース(ブドウ糖) 0.92g 1.30g
スクロース(ショ糖)
砂糖の主成分
0.04g 0.13g(約3倍)

風キムチの製造工程

STEP01 : 適度に野菜を乾燥させる

風キムチは、塩漬けして野菜の水分を抜くといった従来のキムチの製造方法とは違い、 当所発明の冷風乾燥製法により、野菜を適度に乾燥させることで、旨みを残し水分だけを抜きます。 右側の写真は、乾燥前と乾燥後の大きさを比較したものです。乾燥後の白菜は、乾燥前の白菜に対して、 半分以下の大きさになっていることを表しています。 この時点で、既に野菜の旨みが凝縮されており、食べると甘味を感じます。

冷風乾燥製法 乾燥前と乾燥後


STEP02 : 極秘レシピによる独自のペースト

風キムチのペーストは、当所が独自で作っており、レシピは極秘中の極秘です。 もちろん、保存料・着色料は一切ありませんので、当所こだわりのペーストで漬けた風キムチを安心してお楽しみください。

ペーストを作る 風キムチのペースト


STEP03 : ペーストを丁寧に漬け込む

冷風乾燥製法により甘味が増した野菜を、一つ一つ丁寧に当所独自のペーストを漬け込み、 食べ頃になるまでじっくり熟成させます。

ペーストを漬け込む 熟成させる